News & Topics

11月14日
【講演】支店経営におけるコンプライアンスの実践(新任支店長講座)
(一般社団法人全国地方銀行協会)

11月8日
【講演】「内部管理態勢強化研修(内部統制の意味と役割)」(さがみ農業協同組合)午前・午後2回

11月1日
【News】11月1日付の日本経済新聞朝刊16面「飲食無断キャンセルに料金」と題する記事に、大塚陵弁護士のコメントが掲載されました。

全表示

理念

「至誠」・・・それは、森原憲司法律事務所がもっとも大切にしている価値です。
企業がステークホルダーに対して誠実であり続けることの意義、これを理解しない企業はおそらく存在しないでしょう。しかし、個別具体的な局面で、ぶれることなく「至誠」を貫徹することは、そんなに簡単なことではありません。
「至誠」を貫徹することは簡単ではないけれど、必ず実現できる課題です。また、実現しなければならない課題です。これは机上の空論ではなく、私の5年間にわたる企業内弁護士・法務部長の経験を通じて確信を持って言えることです。

私が積極的に取り組んでいる分野の一つの企業コンプライアンスも、「至誠」と密接不可分のものです。「至誠なくして真のコンプライアンスは確立できない」ということを、講演や執筆活動を通じて繰り返し発信しているのも、全て経験に基づく確信に由来するものです。「至誠」をベースに持たない技術論に終始するコンプライアンスに関する制度設計は、企業の活力を奪うものでしかありません。コンプライアンスは本来企業の活力を生み出す力を持つものです。

私は、弁護士としてのキャリアをスタートした最初の5年半を、企業法務を専門とする法律事務所において、企業を外側からサポートしてきました。次の5年間を企業内弁護士として企業を内側からサポートしてきました。
この2つの経験をバックボーンに、ステークホルダーに対して誠実であり続けたいと願う企業の皆様の、よりよきサポーターたるべく、「至誠」を胸に、裁判、講演、執筆といった業務に日々取り組んでいるところです。

変わらぬ価値と進化する価値

21世紀の社会は、人間の想像を超えるスピードで変化し、そこに生み出される問題も複雑かつ多岐にわたります。日本社会も、世界に先駆けた急速な少子・高齢化に伴う社会構造の劇的な変化が既に始まっている中で、解決すべき課題は山積しており、将来にわたり国家の持続的発展を維持していけるのかの岐路に立っています。日本企業を取り巻く環境も同様であり、企業価値を高め、持続的発展を維持するためには、社会的な責任を負担する主体として、コンプライアンスのみならず、環境問題、労働問題(人権問題)、社会貢献(地域社会との共存)などに取り組み、社会の要請をしっかりと踏まえた経営を行っていくことが必要となっています。
当事務所は設立以来、「至誠」を旨に企業の真のコンプライアンスの確立のお手伝いをしてまいりましたが、上記環境変化をふまえると、企業が対処すべき複雑で多岐にわたる問題に対し、各弁護士の有する専門性をより高度かつ横断的に組み合わせた法務サービスを提供することが不可欠であると考え、当事務所の発展的な拡充を行いました。
当事務所は、これまでと変わらず、「至誠」を最も大切な価値基準として、より高度で専門的な法務サービスを提供して参る所存です。

弁護士

取扱業務

  • 企業コンプライアンス
    企業不祥事防止と有事対応の両側面について、システム設計に留まらない、企業文化への落とし込みまでサポートいたします
  • 内部通報制度(ホットライン)の設計・受付窓口・案件調査
    役職員が安心して通報できる内部通報制度の設計、実効性のある調査をサポートいたします
  • CSR関連相談
  • 金融商品取引法関連相談
  • 保険金不正請求関連訴訟
  • 組織再編・M&A
  • TOB・非公開化(MBO)
  • 事業再生・強化、倒産処理
  • 労働事件
    企業側・労働者側、セクハラ・パワハラ研修および個別案件調査
  • 名誉毀損訴訟
  • 株主代表訴訟対応
  • 反社会的勢力対応・クレーム対応
    金融機関の反社会的勢力対応、流通系のクレーム対応の研修ならびに仮処分等の個別案件対応
  • 債権回収
    140万円を超える債権の裁判外の回収、保全・執行、自動車の引渡からビジネスホテルの明渡執行といった大規模執行まで
  • 講演・研修
    9時から17時までの終日研修・ロールプレイング研修まで、多様なニーズにお応えいたします

アクセス

〒105-0001 東京都港区虎ノ門5丁目11-1 オランダヒルズ森タワーRoP503
TEL 03-5405-2220 FAX 03-5405-3390